さくらの滝
Sakura no taki


お問合せ:0152 - 25 - 4111 きよさと観光協会

DETAILS

この滝は昔海底であったころの砂岩が崩れてできた滝で、春には桜が咲き、6月から8月にかけてサクラマスが滝越えのジャンプを見せてくれます。 サクラマスとは渓流の女王といわれるヤマメ(北海道ではヤマベといいます)が海に下り大きく成長して再び産卵のために川にもどってくるサケ科の魚で日本では日本海側と北日本の河川に遡上が見られますがこれだけ大きな滝をジャンプする場所は世界的にも珍しいです。
そして力強さとタイミングと場所、それと運を味方につけ滝越えに成功する魚はわずかですが、一生懸命ジャンプする姿は声を出して応援したくなります。
またジャンプし始めの6月は魚体は銀色に輝き、産卵が近付く8月には徐々に桜色に変わっていきます。 そして9月には産卵を終え、他のサケと同様、命を次の世代に引き継いでいきます。

ACCESS

SVは「さくらの滝」案内板付近です。舗装が続きやがて農道へ。

MEMO

  • 道道1115号からさくらの滝までは農道(未舗装)を走行します。駐車場(無料)も未舗装です。
  • トイレはありません。
  • 「さくらの滝」は景勝地です。釣りはご遠慮ください。(マスは通年禁漁です)

サクラマスのジャンプを見ていると青春時代を思い出します。
若い頃はいろいろ飛び越えようと必死にジャンプしました。しかし、飛び越えられないことの方が多かったと思います・・・。
ジャンプばかりしていたせいか、お陰様で足腰が強くなりました。
事務局長のメモより

NPO法人きよさと観光協会
まちづくり推進清里地域協議会


〒 099 - 4406 北海道斜里郡清里町羽衣町62番地 地図

TEL : 0152 - 25 - 4111
FAX : 0152 - 26 - 7508